ナビコンテンツ

介護応援ナビトップ

介護保険

介護申請

介護認定

訪問サービス

通所サービス

短期入所サービス

住宅改修

福祉用具

認知症

有料老人ホーム

介護用品

介護知恵袋

介護用語辞典

介護相談窓口

介護の資格


介護 保険 福祉 施設 サービス 支援 みんなでケアする。介護が分かる情報サイト!

介護応援ナビ

介護申請 ケアプラン

 ケアプラン

介護度の認定が下りたら、役所からの居宅介護支援事業者のリストが渡され、ケアマネジャーと契約することになります。

担当ケアマネジャーは、介護サービス事業所の紹介・サービス内容の提案・介護保険の更新・申請など、介護保険を利用するうえでの重要な存在です。吟味して選びましょう。


 ケアマネージャーの選び方


在宅の介護を希望する場合は、契約したケアマネジャーが利用者や家族の希望・環境・心身の状態等を把握してサービスの種類や量を提案します。利用者がどんなことに困っていて、どんな介護を希望しているのかなどをじっくりと聞きとり、介護保険の支給限度の範囲内で、どのような介護サービスをどのくらい受けるかを具体的なケアプラン(計画)を作成します。

ケアプランは家族や利用者本人が作成することもできます(セルフプラン)。 セルフプランの場合、合国保連合会に届出を行う必要があります。

要介護の認定を受けた人で施設に入所する場合は、入所の申込みは本人又は家族が行います。

要支援になった人は地域包括支援センターの担当者が生活機能チェックを行って介護予防サービスを家族や本人と検討してケアプランを作成します。

どの場合も1ヶ月間に利用できる介護保険額の上限が決まっています。上限内でサービスを利用すれば、利用者負担は1割です。
上限を超えてサービスを利用した場合には、上限を超えた分については全額が利用者負担となります。

保険適用の場合、介護保険利用額の1割が自己負担ですが、食費や居住日費、雑費などの一部保険外の費用が必要な場合があります。



 利用・更新

 申請

 認定調査

 意見書

 介護認定調査会定

 要介護・要支援認定











Ads by Sitemix